ウーマン

様々な機能がある給湯器は寿命が来たら新しいものと交換しよう

複数の見積もりをしてみた

給湯器の交換は結構なお金がかかりますが、インターネットの安売りサイトを利用しますとかなり節約できます。交換工事は地元の委託業者が行うことが多いですから、さっと来てさっと交換してそれで終わりです。それで費用は高い業者の半分程度で済みます。

読んでみよう

交換する場合には

給湯器が壊れたら、保証期間中ではないのか、業者の番号が書かれていないかをチェックしましょう。一から探すなら、ガス会社、メーカー、取り付け専門業者などがあるため、それぞれの特徴を把握した上で依頼すると良いです。

読んでみよう

お得で快適な給湯ライフ

ガス給湯器は給湯のみから追い焚き・湯はりや床暖など広範囲にまで、自分の生活スタイルや家族構成に合わせて幅広く機器を選ぶことができます。省エネ化も進んでおり、しっかり選ぶことで快適で経済的なものとなることでしょう。

読んでみよう

長持ちさせたい

縮める要因

一つでいろんな役割をする給湯器ですが、機械である以上、当然寿命があります。国内メーカーのものは非常に高性能な上、耐用年数もかなり長くなっていますが、使い方いかんによってはそれよりも長く、もしくは短くなることがあります。たとえば、設置場所一つ取ってもスペースの広さなどで変わってきますし、湿気が多いところなどでは腐食が進むこともあります。寿命をできるだけ延ばしたいなら、排気カバーをつけるなどをして空気の流れを良くするといいでしょう。よく入浴剤を使う方がいるかと思いますが、これも寿命を縮める一因になることもあります。また普段から洗浄することを心がけることにより、耐用年数はグッと延ばすことも可能です。

そろそろと感じたら

国内メーカーの多くが推奨している耐用年数はおよそ10年です。もちろん先述したように、使い方によってはそれよりも長く使えることもあります。ただ、外からでは劣化や故障がわかりづらいこともあり、ある日突然不完全燃焼などが起こることもあります。安全装置が完備されていますが、万が一に備えて定期的なメンテナンスおよび修理・部品交換をおこなうとよいでしょう。もちろん新しい給湯器に換えるのも一つの手です。最近では効率も上がって、従来品よりも光熱費をかなり抑えられる給湯器もたくさんありますし、機能も大変向上しています。給湯器の寿命を感じたら、すぐにでもメーカーや専門のお店に相談するとよいでしょう。いまなら取り付けなどをセットでやってくれるのでお得です。